美白ケアのための日焼け予防 紫外線を防ぐ正しいシミ対策って?

美白ケアのための日焼け予防 紫外線を防ぐ正しいシミ対策って?

日差しが強くなってくる季節になると、

やはり気になってくるのは、日常生活での紫外線対策

 

美白ケアには、
シミを作らない=日焼け防止をしっかり
するということもとても大切です。

 

とはいえ、自己流の、間違えた紫外線対策をして、
うっかり日焼けしてしまっては、
せっかくの美白ケアも水の泡になっちゃいます。

 

 

正しい紫外線対策の方法をご紹介しますね。

正しい紫外線対策の方法は? シミ対策をして美白を極める!

晴雨兼用の日傘はNG!

最近よく見かける、日傘としても雨傘としても使える「UV加工」の晴雨兼用日傘は
実は、雨の日に多用しすぎると、そのUV効果がなくなっちゃうんです。

 

水にぬれることで、UV加工が取れてしまうことがあるんですって。

 

なので、紫外線予防のために晴雨兼用傘を利用する場合は
「どうしても」っていう場合以外は、なるべく雨でも使わない方がいいでしょう。

 

 

 

サングラスは透明なレンズを選びましょう

サングラスで、目から入ってくる

紫外線を予防するのは、
美白ケアにはとても有効です。

 

というのも、紫外線って、
目からも体内に吸収されて、シミの原因になることも!

 

しかし、黒いレンズのサングラスだと、瞳孔がひらき、
逆に多くの紫外線を吸収することになってしまいます。

 

ですので、サングラスを使用する場合は、
透明なレンズでUV加工がしてあるものを選ぶ方が
より紫外線対策への効果が高まります。

 

 

白い服より黒い服の方が紫外線対策に効果!

美白ケア,紫外線,日焼け,シミ対策

暑い夏、白い服でさわやかに…と思い、

涼しげな白い服をよく着ちゃいますよね。

 

ですが、白い服って、実は紫外線を肌に通しやすいんです。

 

また、白い服は紫外線を反射することもあり、
その反射によって日焼けすることも。

 

美白ケアのためにはなるべく黒い服を着る方がおススメです。

 

 

SPFの数値が高い日焼け止めだけでは不十分

紫外線には、皮膚の真皮に到達し、
老化や皮膚がんを引き起こすA波と、
シミなどの原因になるB波があります。

 

A波を防ぐのが、「PA」
B波を防ぐのが「SPF」

 

どちらもしっかり予防しなければ、
美白ケアの意味がないですよね。
ですので、日焼け止めを選ぶときには
「SPF」の数値はもちろん、「PA」の「+」の数もチェックしましょう。

 

(※日焼け止めの選び方については「日焼け止めのPA++++とは?」

紹介しています。)

 

曇りの日でも日焼け止めは必須

美白ケア,紫外線,日焼け,シミ対策

紫外線A波は、曇りの日でも強く出ています
しかも、紫外線A波は、窓ガラスも通り抜けてくるんです!

 

ですので、曇りの日や、屋内にいる場合にも
「PA」がしっかりある日焼け止めで
紫外線予防をすることも大切です。