美白パックでシミ対策! シミができる原因は?

美白パックでシミ対策する前に…シミができる原因は?

シミとは、
肌にメラニン色素が薄黒い斑点となって染みついた状態です。

 

日常生活の中にシミの原因がたくさん潜んでいます。

 

【紫外線】


一番のシミの原因は、ご存知の通り
紫外線です。

 

肌が紫外線を浴びてしまうと、
体の老化の原因でもある、
活性酸素が発生してしまいます。

 

その結果、メラニン色素が作り出され、
肌を守るために肌が黒くなり、
シミができてしまいます。

 

【肌の炎症】

ニキビやニキビ跡、吹き出物やアトピーなどの
肌の炎症もシミの原因の一つです。

 

肌の炎症が原因で、「メラノサイト」という、
血液からメラニン色素を生成してしまう成分が活発化。
シミを作る原因になってしまいます。

 

【女性ホルモン】

シミは、生理不順や更年期、妊娠など、
女性ホルモンの分泌が原因でできやすくなります。

 

特に、排卵期から次の生理の間の2週間は、
女性ホルモンの分泌が通常と違うので、
メラニン色素ができやすい肌に。

 

妊娠期にシミができやすいのは、
ホルモンのバランスが崩れ、メラノサイトの働きが活発になるためです。
(なんと通常の10倍ともいわれています!)

 

ですので、妊娠中は特に、紫外線の影響を受けやすく、シミができやすくなります。

 

【ストレス&睡眠不足】

美白パック,シミ対策,原因,美白

ストレスや睡眠不足もシミの原因です。

 

ストレスでホルモンバランスが崩れたり、
睡眠不足で活性酸素が活発化してしまうと
メラニン色素ができやすい体になってしまいます。

 

【加齢】

年齢を重ねると、体内の酵素が減り、新陳代謝が衰えてきます。
すると、肌のターンオーバーが遅れがちになり、メラニン色素ができてしまっても
ターンオーバーが追い付かずにシミが沈着してしまいます。

シミ対策には美白パック 健康な肌でターンオーバーを促すことが肝心!

正常にターンオーバーが行われている健康な肌であれば、
メラニン色素ができてしまっても、
ターンオーバーで色素がはがれ、元の美しい白い肌に戻ります。

 

しかし、肌のターンオーバーが正常でない不健康な肌だと、
ターンオーバーが追い付かずにメラニン色素が沈着してしまいます。

 

実は、メラニン色素は、身体を紫外線から守るために生成されます。
本当は体にとってとても大切なものなんですが、健康な肌でないと、
そのままシミとなり色素沈着してしまいます。

 

 

ですので、シミを作らないことが一番大事!ですが
できてしまったシミには、

 

美白パックのような保湿と美白ができるスキンケアで、
肌を健康な状態に保ち、シミ対策をすることが大切なんですね!