美白パックおススメランキング 美白力は?コスパは?シミ対策は?

シミ・ソバカスに効くアルブチンって、どんな成分なの?

 

紫外線

アルブチンという言葉は、
美白に興味を持つ方にとってはおなじみのものですよね。

 

アルブチンとは、コケモモに含まれている
成分として知られていますが、
その効果を簡単にいうと「メラニンの生成を抑える」
いうものになっています。

 

 

アルブチンがシミ・ソバカスに効くと言われているのは、
根本原因となるメラニンができるのを防いでくれるからなんですね。

 

ここでは、アルブチンのもつ効果や特徴について、
もう少し詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

チェック

 アルブチンの働きってどんなもの?

 

 

アルブチンのもつ機能として
注目されているのが「メラニンの生成の抑制」です。

 

女性にとってメラニンは、シミやソバカスの原因となるにっくき敵。
そんなメラニンを作らせないように働いてくれるのがアルブチンなんですね。

 

人間の身体の中でメラニンが作られる際には
「チロシナーゼ」という活性酵素が働きますが、

 

アルブチンはこのチロシナーゼの動きを阻害して、
過剰なメラニンの生成を防ぎます。

 

つまり、シミやソバカスの根本原因を断ちとってくれるという訳です。
これが、アルブチンがシミ・ソバカスに効くとされる理由です。

 

 

 

チェック

 アルブチンに種類があるって本当?

 

 

アルブチンには「α-アルブチン」と「β-アルブチン」という
二つの種類のものが存在し、

 

化粧品などに活用されることが多いのはα-アルブチンとなっています。
それぞれの違いについてご説明しましょう。

 

 

ドット

 α-アルブチン

 

スキンケア

α-アルブチンは、日本の江崎グリコが開発した
配糖化酵素によって、ハイドロキノンに
ブドウ糖をα結合で転移させた物質です。

 

もっと簡単にいうと、美白効果が高い
反面肌への刺激の強いハイドロキノンを改良し、

 

肌に優しく美白できるようにつくりかえた成分、
それがα-アルブチンなのです。

 

 

α-アルブチンは人為的に作られているため、
天然由来のβ-アルブチンと比較すると
10倍以上の美白効果が期待できるとされています。

 

 

また、肌への刺激が非常に少なく安定性も高いため、
化粧品に配合しやすいという特徴も持っています。

 

 

 

ドット

 β-アルブチン

 

β-アルブチンは、コケモモやウワウルシ、ナシといった、
ツツジ科の植物に含まれているアルブチンです。

 

β-アルブチンと異なり天然由来の成分となっているため、
効果が弱めではありますが、
肌にやさしく作用も穏やかという特徴があります。

 

しかしながら、近年は効果面が重視され、
美白ケアという分野ではβ-アルブチンよりも
α-アルブチンの方が広く用いられています。